スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

会誌の内容について①

とりあえず、会誌に載せる内容がまた一つ定まって、内容も出来ているのでお知らせすることにします。

「THE BEST OF GENE WOLFE」というジーン・ウルフの中短編を収録したペーパーバックから、一編ショートショートほどの長さのものを翻訳したものを掲載する予定です。

タイトルは「THE BOY WHO HOOKED THE SUN」

翻訳は一応終わっていますが、まだ時間があるので、ちょこちょこと細部を弄ってより読みやすく仕上げておきたいと思いますので、乞うご期待(あまり期待されてもあれなのですが)。

現在のところ、決まっている内容は、「多岐亡羊総レビュー」と「ジーン・ウルフ未訳短編」の二本だけですね。もういくつか記事をプラスできるといいかなあ、と思っています。すでに出来ていると言えるのは翻訳だけですが。

とりあえず、おお、法政SF研何かやっとんなあ、くらい頭の片隅にとどめておいてくだされば幸いです。
スポンサーサイト

C82 他大学SF研漫遊記

今回はコミケ三日目での戦利品報告となります。
プライベートなものはともかくとして、他大学SF研さまの会誌などを多く買い求めて参りましたので、その報告としたいと思います。

では、順番はわりと適当に

①東京工業大学SF研究会さま
 『仮想社会 2012 Summer』

②金沢大学漫画アニメSF同好会さま
 『CASるの本 vol.27』

③東京都市大学SFファンタジー研究部
 『特別企画 独断と偏見に塗れたレビュー集』
 『クトゥルフ神話TRPG 学園に忍び寄る悪霊』
※これはリプレイ本でした。


④東京大学SF研究会さま
 『ほん 2012年さまー号』
 『すん vol.47 (特集「永遠の夏」)』
 『てん 2011 (ラノベとSF―インターレーベルの生存戦略 ラノベ出身のSF作家特集)』

⑤福島大学SF研究会さま
 『STUFF 60』

⑥名古屋大学SF・現代小説研究会さま
 『PiT vol.8 日本ホラー小説大賞全レビュー』

⑦京都大学SF・幻想文学研究会さま
 『Workbook 2012.8 98 特集・第二回 本格ライトノベル大賞』

⑧関西大学SF研究会さま
 『MMHⅡ ~Middle Mountain History Ⅱ~』


あの周辺でやっていたSF研さまは網羅したつもりですが(さすがに全てのサークルで既刊全購入は予算の都合上無理でした)、買い忘れもあったかも知れないので、そうでしたらごめんなさい。

以下は大学SF研ではない番外編となっております。


⑨熊大SF研残党結社「天動説」さま
 『天動説 Vol.17 選り抜き版』
 『天動説 Vol.18 「(やっと)帰ってきた天動説」号』

⑩エアミステリ研究会さま
 『Airmys 非実在探偵小説研究会 3号』
※本当は既刊全部買うつもりだったのですが、財布が心もとなかったのでこれだけ。飛鳥部勝則が好きなので、3号にしたら、1号では長編レビューをやっていたのを後で気づいたという……。

⑪はるこん実行委員会さま
 『見上げてごらん』ロバート・J・ソウヤー
※わざわざ出して貰ってありがとう御座いました。


他にも色々行っていますが、ここに書く意味がありそうなのはこの程度かと。


SF大会の青いトートバッグを携えて、他大SF研の会誌を片端から読ませて頂いていたメガネが芒でした。
本当はせっかくだし、名刺とかそれぞれ渡して行こうかしらんとも思ったのですが、前に作ったものは前日に配ってしまって数が足りなかったのと、切り出す勇気も不足していたので、見送りました。

次回があれば、各SF研の方々にもこちらから挨拶くらいしようかと思います。

というか、冬コミは無理ですが、夏コミは出展できたらいいなー、とか思う次第です。

戦利品についてはさすがにまだ目を通していませんが、気が向いて時間があったら、読んだ感想など書くかも知れません。





SFファン交のこと

代表の芒です。

これは個人的なことですが(まあ突き詰めればこの会自体がアレですけど)、先日よりSFファン交流会に新スタッフとして加わらせて頂くことになりました。

コンパックはちょっと時期を失していて行けなかったのですが、九月例会は普通にいると思います。

ファン交スタッフの若造を見たら、「ああ、こいつか」とか思いつつ、生暖かい目で見守ってやってください。

SFファン交流の促進のために微力ながら、頑張って行きたいと思います、はい。

学祭参加について

えー、前回、人がいなくて学祭参加できないかもなどと言い出す事案が発生していましたが、友人に頼んだところ、快く引き受けてくれたので、なんとかなりそうです。

それはともかくとしまして、もし、これを機会にSF研に加入したいという人がいたら、連絡をお待ちしております。

ちなみに学祭ですが、どこか教室を確保して、会誌の配布を行おうと考えています。
内容はほとんど未定。すでに途中まで書いてある記事もありますが、それも資料集めをしてる段階です。
小説とかを載せる可能性は薄いと思われます。しかし、出来るだけ内容は充実させようと思っています。
途中経過も出来るだけブログにあげていこうと思っています。

協力者募集について

SFセミナーに関するレポートが第一弾で頓挫していますが、ごめんなさいとしか言いようがないので、とりあえず見逃してもらいたい代表の芒です。

ところで法大SF研は、今回の学祭への参加を画策しております。
内容というほどのものはありませんが、第一号となる会誌の頒布を行う予定です。

しかしながら、学祭で企画スペースを確保するためにはさまざまな分野での責任者というのを出さなければなりません。備品管理責任者とか出向責任者とか色々あるのですが、一応これらの派生的な人員は学外者でも構わないそうなのですが、メインである責任者と副責任者は法政大学の学生でないといけないそうなのです。

学外者で協力してくれる人などは集まりそうなのですが、法政大学の学生で協力してくださる方が現在のところ見つかっていません。

そこでもし本学学生の中でこのブログを見ていて、SF研に協力してやってもいいよ、という方がいたら連絡を下さい。名前を貸すだけでもまったく構いません。

あと一週間と少しほどで人員を確保できないと学祭に参加できないので、哀れと思う方は検討してくださると幸いです。

下記に連絡先を示しておきます。

hosei_sf_genso_ken@mail.goo.ne.jp
プロフィール

ちぬ

Author:ちぬ
めくるめくSFの世界へようこそ!

最新記事
最新コメント
カウンター
カテゴリ
月別アーカイブ
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。